社会人は出会いがない?大阪の20代社会人が趣味で集まる読書会とは!?

「社会人って、職場以外の居場所を作るのがこんなに難しかったんだ…。」
あなたは今、そうお考えではありませんか?
 
社会人になって新しい人脈を増やそうと検索しても、街コンや相席居酒屋しか見つからないし、
フットサルなどの社会人サークルも結局は異性との出会いがメインなところがほとんどで、
技術系の社会人コミュニティに入ろうとしたらひどいムラ社会で実質門前払い。
だからといって自分でコミュニティを作る力も無い…。
 
もし、読書会があなたと同じような思いを持った社会人が集まる居場所だったら、理想的ですよね。
 
そんなあなたに朗報です!
「社会人は出会いがない?大阪の20代社会人が趣味で集まる読書会とは!?」
この記事を読めば、大阪や神戸など、関西で居場所を探しているあなたに読書会をおすすめしたい理由が分かります!
 
今までの”組織中心の社会”では、「職場」があなたに仲間居場所を与えてくれました。
しかし、これから始まる”個人中心の社会”では、「読書会」があなたの仲間居場所の中心になるのです!
2012年に最も売れたビジネス書「2022年-これから10年、活躍できる人の条件」(神田昌典 著)では、これから10年活躍する人材は読書会から誕生する!と宣言しています。
この記事を書いた長谷川は、神戸大阪朝活読書会という読書会を関西で開催しています。
神戸大阪朝活読書会は、2012年、神田昌典さんの言葉を受けて東京でスタートした読書会から派生した読書会です。
 
のべ8年以上開催する中で、あなたと同じように今の職場での”ムラ社会的”な昭和の働き方や生き方に疑問を持った社会人が読書会にたくさん集まってきています。
読書会を通じて、本や人と出会い、新しい価値観や人生の目的を見つけて、新たなステージを目指している社会人が誕生しています。
独立や起業を決断した人もいますし、転職して別の道に進む決断をした人もいます。
諦めていた自分の夢を今一度目指す決断をした人もいますし、今の会社に残る決断をした人もいます。
 
読書会に参加される多くの社会人が、今の職場、今の仕事をこの先も続けていく事に不安や不満を持っています。
その漠然とした不安や不満を解決しようと、家庭でも職場でもない第3の居場所を求めて読書会に参加しています。
読書会は仲間と居場所を見つけるだけでなく、あなたの悩みを解決する転機となるコミュニティです。
 
今回は、大阪で開催している読書会の紹介と、読書会でどんな出会いが待っているかをご紹介していきます。
大阪の読書会から、あなたに合った居場所を見つける事に、この記事がお役に立てば幸いです。

大阪にはどんな読書会があるの?

大阪のおすすめ読書会3選

まずは、「読書会を探している!」という若手社会人に向けて、大阪のおすすめ読書会をご紹介いたします。
私も8年以上読書会に関わってきましたが、長く継続している読書会はとても少ないのが実情です。
ここで紹介している読書会は、私が実際に参加した会や、主催者と面識のある会のみをご紹介しています。
随時更新しておりますので、どの読書会も安心してご参加いただけます!

1.神戸大阪朝活読書会

手前味噌で恐縮ですが、私が開催してる読書会です。
「読書しない読書会」として、若手社会人が集まり、生き方と働き方について話し合っています。
キャリアに迷ったり、転職や副業、起業など、働き方に迷っているあなたの社会人人生を見つめ直すきっかけになれば幸いです!

2.ライフシフトサロン

「SNS時代のリアルな居場所を」をコンセプトにした、20代社会人を中心とした読書会です。
リンダグラットン著、ライフシフトの出版をきっかけに、延べ3年以上の開催実績があります。
私が読書会を開催するきっかけは、ライフシフトサロンさんの影響が大きく、読書会を共催させていただくこともあります。
仕事で大阪に引っ越してきて職場以外に友達がいないという社会人一年目の方におすすめです!

3.読書会@女子部

社会人女子限定の読書会。女子会とはまた違った雰囲気が味わえます。
(現在、HPをリニューアルされていらっしゃるのでしばらくお待ちください。)

読書会2大テーマ(扱う本)

読書会には、大きく分けて「小説」と「ビジネス」を題材にした読書会に分けられます。
ここでは、小説読書会とビジネス読書会の違いについて解説していきます。

1.小説読書会

小説を題材にした読書会です。学生・社会人・年配の方など広い世代が集まります。
後述する、「課題本型の読書会」と「持ち寄り型の読書会」に多い傾向があります。
小説読書会の醍醐味は、同じ趣味の仲間と本について語り合えるという点です。
古典名著を題材にする読書会や、SF・ミステリー、海外文学、歴史小説を題材にする読書会など、読書会によって独自のカラーがあります。
同じ読書好きの中でも、さらに同じジャンルの仲間とディープな話が出来るのが、小説読書会の特徴です。
小説読書会に参加する際は、ぜひ色々な読書会に参加してみてください。
読書会によって参加者層が異なりますので、あなたにピッタリの読書会が見つかります!

2.ビジネス読書会

ビジネス書を題材にした読書会です。若手社会人が多く集まります。
後述する、「フリートーク型の読書会」に多い傾向があります。
ビジネス読書会の醍醐味は、読書会を単なる趣味のコミュニティにするのではなく、仕事やプライベートに活かせる情報交流の場になると言う点です。
バックグラウンドの異なる情報感度の高いビジネスパーソンが集まるため、職場や家庭では得られない気づきが得られます。
日常では出会う事のない、様々な職種の人と「働き方」や「生き方」の話を聞くことで、自分を深く内省するきっかけになります。
ビジネス読書会に参加する際は、ぜひ同じコミュニティに繰り返し参加してみてください。
繰り返し参加することで、コンフォートゾーンやパースペクティブが広がり、自己成長を実感できるはずです!

読書会4つの進め方・やり方

読書会の進め方・やり方には、大きく分けて「課題本型の読書会」「持ち寄り型の読書会」「交換型の読書会」「フリートーク型の読書会 」の4つに分けられます。
ここでは、これら5つの読書会の違いについて解説していきます。

1.課題本型の読書会

課題本型の読書会は、あらかじめ決まっている課題本を読了した参加者が集まり、1つの本について語り合う読書会です。
古典名著や話題本を題材にする事が多く、本の出版のタイミングで著者をゲストスピーカーとしてお呼びする読書会もあります。
課題本型の読書会の良い点は、事前に課題本を知ったうえで参加をしているので、同じ趣味の仲間と出会いやすいと言う点です。
また、1つの本を参加者同士で掘り下げていくので、とてもディープな話が出来ます。
あなたの大好きな本が題材の読書会を見つけたら、ぜひ参加してみてください!

 2.持ち寄り型の読書会

持ち寄り型の読書会は、参加者同士がお互いに紹介したい本を持ち寄る読書会です。
あなたの愛してやまない本について語りたい!誰かに聞いてもらいたい!でもマイナーすぎて誰も知らない…。
と言う方は、ぜひ持ち寄り型の読書会に参加し、その本の愛について語ってみてはいかがでしょう?
また、他の人がどんな本を読んでいるのかを知れるので、普段自分が読まないジャンルの本をチャレンジしたい方にオススメです。
ビブリオバトルという、スポーツのような書評会も持ち寄り型の読書会に含まれます。

3.交換型の読書会

交換型の読書会は、参加者同士がお互いに本を交換し合う読書会です。一期一会の本の出会いを楽しめます。
自分だったら買わないような本を読むきっかけになる読書会です。
最近は、まちライブラリーなど本を中心とする地域のコミュニティも生まれています。
参加者同士で本を交換するのではなく、コミュニティ参加者が本をライブラリーに寄贈する事で、本をきっかけとした街の繋がりが生まれます。

4.フリートーク型の読書会 

フリートーク型の読書会は本をきっかけに、今の自分が抱えている悩みや思いを参加者同士で共有する読書会です。
職場や家庭など、普段関わりを持っている人にはなかなか相談できない悩みや、誰かに知って貰いたい思いなどをテーマにして話し合います。
NPOカタリバのように、お互いに利害関係の無い「ナナメの人間関係」だからこそ、「本音の対話」が出来る事もあるはずです。
フリートーク型の読書会では、「自分もこんな人になりたい!」と思える出会いをきっかけに、あなたの将来へ主体的な“一歩”を踏み出すきっかけが得られます。

初心者?ベテラン?読書会参加者の3つの傾向

「読書会に興味が有るけど、新参者を受入れてくれるのかな。」
「初めて会う参加者の方々や雰囲気についていけるかが気になる。」
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
読書会の参加者には、大きく分けて「初心者」「リピーター」「旅人」がいます。
ここでは、これら3つの参加者の特徴を解説していきます。

1.初心者

初心者は、読書会に始めて参加される方です。恐らくこの記事を読んでいるあなたも初心者に該当するのではないでしょうか。
読書会にもよりますが、毎回2,3名の初心者が読書会に参加されます。その多くの人が1人で参加されます。
読書会の空気感が分からなかったりして、緊張されていらっしゃる方が多いですが、2回目、3回目と繰り返し参加されることで、
主催者やリピーターの方と関係性を構築していく事が出来ます。

2.リピーター

リピーターは、読書会に2回目、3回目と繰り返し参加されていらっしゃる方です。
初心者に比べると、読書会の勝手を分かっていたり、参加者同士で面識を持っていたりして、リラックスして読書会を楽しんでいます。
リピーターの中には、色々な読書会やコミュニティに顔を出し、自分に合った居場所を探している段階の方もいらっしゃいます。

3.ベテラン

ベテランは、読書会のベビーユーザーの方です。
毎回のように読書会に参加をされ、読書会が第3の居場所として人生の一部になっている方です。
読書会参加者の中で交友関係を持ち、読書会を転機に人生を変えたり、何かを始めようと考えられている方もいらっしゃいます。
リピーターの方と違い、1つの読書会を自分の居場所と決めているのも特徴のひとつです。
ベテランしか集まらない読書会はクローズドになりやすく、初心者の方にとっては緊張するかもしれません。
しかし、ベテランが多いということは、その分人をひきつける魅力を持った読書会だとも言えます。

20代社会人が出会う読書会とは?

20代社会人にこそ読書会との出会いを

「人生は20代で決まる」の著者、 メグ・ジェイは、仕事選びと生涯賃金、出会いと結婚、脳と肉体の成熟など、人生を決定付ける重要な選択が全て20代の社会人の時に訪れると言っています。
つまり、20代の社会人は立ち向かわなければならない人生の課題が山のように存在しているのです。
人生の課題から目を背き、大変だと思った現実と向き合わない選択肢を選ぶことも可能です。
ですが、あなたは潜在的に気づいているのではないでしょうか?
あなたの抱えている、漠然とした不安や不満は、これらの重要な課題と向き合う事で解決できると言う事を!

家庭でも職場でもない第3の居場所「読書会」

しかしながら、日常生活では、なかなか重要な課題に向き合う機会がありません。
職場では、クライアントの緊急要件の対応に迫られ、家庭ではパートナーとの関係や親族間の問題など。
そして、1人で内省をしようとしても、考えているつもりで実は同じことをくるくると繰り返し問答し、どこにもたどり着かない。
そんなときは、第3の居場所「読書会」で自分の思いや考え、悩みを発信してはいかがでしょうか?
読書会を「人生の重要課題と向き合う居場所」とすることで、定期的に内省する機会が得られ、仲間の力と智恵を借りて、自分ひとりではたどり着けないような解決策が見つかります。

「つながり孤独」を解消する読書会コミュニティ

TwitterやInstagramなど、SNSでたくさんの人とつながっているのに、なぜか孤独を感じてしまう。
「つながり孤独」を感じる20代の若者がとても増えています。
「SNSで友だちの暮らしを見て劣等感を抱く。」「SNSでのつながりの薄さに孤独を感じる。」など、つながり孤独を訴える声が多く寄せられます。
SNSがなぜ孤独を生み出すのか?それは、SNSはありのままのあなたを受入れてくれる空間ではないから。
「インスタ映え」を狙って、他人から見て理想的な自分、活き活きと輝いていて、満たされている自分をオンラインで演出しすぎてはいませんか?
 
読書会のように、オフラインでリアルに集まるコミュニティ。
特に、職場や家庭などの日常のあなたを知らないもの同士が集まるコミュニティでは、気取らない、片意地を張らない、ありのままのあなたを受入れてくれる空間が待っています。
「こんな発現をしたら変に思われないかな?」と周りを気にする必要も無く、
「こんな相談をしたら、今後の人間関係に影響してしまわないかな?」と怯える必要もありません。

読書会の3つの出会い・変化

人生の転機となる3つの出会いとは?

あなたが、今この記事を読んでいること、今の職場で働いていること、今のパートナーと一緒にいること、今の交友関係を築いていること。これらのきっかけはなんでしょうか?
たまたまネットで検索していたら見つけた。たまたま憧れの先輩がいたから入社した。たまたま同じクラスで隣の席だから仲良くなった。
もしボタンが1つでも掛け違えていたら、今のあなたとは全く異なる人生を歩んでいたかもしれません。
人生の転機とは、思い返すとたった一つの「本」との出会い、「人」との出合い、「体験」との出会いによって全く違うものになるのです。
今の人生の延長線上に未来が見えないのであれば、あなたには人生を変える出会いが必要なのです。

1.「本」との出会い

「手塚治虫のブラック・ジャックを読んで医師を目指そうと思った。」など、たった1冊の本にも、あなたの人生を大きく変える力があります。
職業を決める。以外にも、思春期に繰り返し読んだ思い出の1冊が、今のあなたの価値観を形成していたりするのではないでしょうか?
「本」とは、疑似体験のツールです。「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。」と言う言葉があります。
第2次世界大戦の悲惨さや、世界を変えた革命の話など、今の私たちでは到底想像もつかないような苦悩や喜びを、「本」を通じて体験できるのです。
読書会では、様々な「本」との出会いにより、あなたの人生の転機が訪れるかもしれません。

2.「人」との出会い

アメリカのクリントン大統領は、16歳の若き高校生時代に、当時のケネディ大統領と握手をして、「大統領になろうと思った。」と話しています。
ある1人の人との強烈な出会いは、その後の人生を大きく変える力を持っています。
そして、人との出会いは偶然ではなく、環境です。若きクリントンはケネディに会いたい!という強い思いがあったからこそ、人生を変える転機を掴んだのです。
チャンスの女神は前髪しかありません。もしかしたら、あなたがたまたま参加した読書会で運命を変える「人」との出会いがあるかもしれません。

3.「体験」との出会い

偉大な事業を成し遂げた経営者は、共通してある経験をしていると言われています。
それは、「戦争」、「投獄」、「大病」です。
戦争、投獄、大病のうち1つでも経験した事のある人は、その経験が原体験となって今の事業を成し遂げたと仰います。
それは、これら3つの体験は、「自分の死」を見つめるきっかけになるからです。
 
7つの習慣の第2の習慣「終わりを思い描くことから始める」は、自分の死ぬ瞬間から逆算して人生を生きることを説いています。
「死」ほどの強烈な体験でなくても、1つの体験がその後の人生に大きな影響を与える事はあります。
小学校の頃に犬にかまれたコンプレックスから動物が苦手になってしまったり、ピアノコンクールで優勝した経験がきっかけでプロを志す人もいます。
読書会でのさまざまな「体験」との出会いが、新しいあなたを見つけるきっかけになるかもしれません。

人生を変える3つの方法とは?

大前研一は、「人間が変わる方法は3つしかない。1つ目は時間配分を変えること。2つ目は住む場所を変えること。3つ目は付き合う人を変えること。どれかひとつだけ選ぶとしたら、時間配分を変えることが最も効果的。」と有名な名言を残しています。 
DaiGoは子供の頃に自分を変えたくて、「時間の使い方」「登下校のルート」「付き合う人」の3つを変えることで、人生を変えたと発言しています。 (小学生では住む場所はさすがに変えれなかったみたいです。)
もし、あなたが今の自分の置かれた環境に満足していないのであれば、「時間」「環境」「付き合う人」を変える必要があります。

1.時間配分を変えること

あなたは、昨日1日の24時間をどの様に使ったか覚えていますか?
恐らく、何に使ったか分からない「無意識の時間」があるのではないでしょうか。
また、平均寿命から睡眠時間、労働時間などを差し引くと、あなたに残されている自由に使える時間が思ったよりも少ない事に気づきます。
残された自由な時間の使い方が、あなたの人生を決めるのです。

2.住む場所を変えること

大学受験を目指している高校生がいたとします。
その高校生が、進学校に通っているか、ヤンキー高校に通っているかでその大学受験のハードルは全く違います。
大学受験を目指すなら、皆が同じ方向を向いている新学校に通った方がはるかに簡単です。
甲子園を目指したいなら、甲子園出場常連校に進学した方がその可能性は高まります。
医者の子供は医者を志し、公務員の子供は公務員を志します。
サラリーマンの家庭はサラリーマンを、経営者の子供は起業を目指す傾向が高いのも、その子供のパースペクティブが環境に影響を受けているからです。

3.付き合う人を変えること

「長い時間をともに過ごしている5人の平均が、今と未来の自分を作っている。」という言葉があります。
あなたは普段、誰と接する事が多いですか?会社の同寮?学生時代の友人?インターネット上のつながり?
そして、自分の5年、10年先を進んでいる周りの人に目を向けると、あなたの未来が分かります。
会社の先輩上司を見れば、会社で働き続けたあなたの未来が分かります。
もし別の未来を描きたいのであれば、付き合う人を変えるしかありません。
会社の同寮と飲みに行って上司の愚痴を言うのではなく、その時間を投資活動に充てるのです。
それは、本を読むことかもしれませんし、起業や副業を始めることかもしれません 。読書会に参加することかもしれません。
そうして出会った人と付き合うことが、現状の延長線上ではない未来を描く一歩になるのです。
 
そして重要な事は、「一緒にいて居心地の悪い人」と付き合うと言う事です。
もしあなたが、20代のサラリーマンであったら、同年代で起業を志す事業家や、30代、40代で脂の乗った経営者と一緒にいることは居心地の悪いことかもしれません。
英語が話せないなら、帰国子女や外国人と一緒にいる事は居心地が悪いかもしれません。
ですが、一緒にいて居心地の悪い、あなたのコンフォートゾーンの外にいる人と付き合うことで、あなたの枠が広がり、自己成長が出来るのです。

神戸大阪朝活読書会

『読書を、もっとおもしろく。』
NewsPicksなどのソーシャルメディア感度の高い20代、30代が集まり情報交換をしています。
本の学びを結果に変える「アウトプット」とあなたの働き方の「アプデート」
ご興味ある方は下記よりお申込みください。

過去の開催履歴
シェアする
kobebookcafe@gmail.comをフォローする
神戸大阪朝活読書会