読書会で読書好きに聞く!読書の効果と読書初心者おすすめ本12選

 

もっと早く、この本を読みたかった!

 

あなたは読書をするようになって、そう感じた経験はありませんか?

私は学生時代はあまり本を読んだ経験が無く、社会人になって読書の楽しみを知りました。

そして気づいたことは、関心の向くままに本を読んでも、「もっと早く、この本を読みたかった! 」と思える良書に出会う機会は少ないということです。

そして一般的に良書といわれている本は、難しくて読むのに時間がかかる上、理解が出来ないこともしばしば…。

もし、読書初心者でも読みやすい良書が知れて、事前に読書の効果を知る事ができれば、理想的ですよね。

そんなあなたに朗報です!

「読書会で読書好きに聞く!読書の効果と読書初心者おすすめ本12選」

この記事を読めば、読書会に参加している多読家がおすすめする、読書初心者におすすめな良書をご紹介いたします!

読書の効果別に3つ分けて各4冊づつ、計12冊ご紹介いたします。

読書会には、読書初心者の方だけではなく、年100冊、200冊と本を読む多読家の方も参加します。

そして、毎年70,000冊以上の新しい本が世界で出版しています。

ですので、たまたま書店やAmazonで出会った本があなたにピッタリの本かどうかは読んでみないとわかりません。

しかし、読書会にいらっしゃる多読家の方に聞けば、あなたに合った本を選んで教えてくれます!

実際に、読書初心者で読書会に参加される方の中には、多読家の人から今の自分に合った良書を教えてもらうことを目的に参加される方が多くいます。

特に、私が開催している神戸大阪朝活読書会は、「読書しない読書会」として、読書初心者の方も安心して参加いただける敷居の低い読書会です。

「自分を見つめ直し、成長したい!」、「 人生、将来、仕事、考え方を学びたい!」という方がたくさん集まっていらっしゃるので、1人で読書するだけでは得られない、たくさんの刺激が読書会にはあります!

もし、仲間と本について語りたい!一緒に成長したい!という方がいらっしゃいましたら、ぜひ神戸大阪朝活読書会に遊びに来てください!

あなたの素敵な読書体験を見つけるきっかけに、この記事がお役に立てば幸いです。

読書の効果

まず初めに、読書会参加者に聞いた読書の効果について解説をしていきます。

年に100冊以上読む読書家の話を聞くと、読書の効果には大きく分けて「知識」「感性」「内省」があることがわかりました。

そこで、ここでは「知識が身につく」「感性が豊かになる」「自分を見つめ直す」という3つの読書効果について考えていきたいと思います。

読書で”知識が身につく”

読書の効果で最もわかりやすいのが、「知識が身につく」ということではないでしょうか。

読書とは、最も効果的に著書の知識を習得する方法です。

読書は、一つの分野で著者が培ってきたノウハウを、たった数千円で、たった数時間で手に入れることができます。

また、すでに故人になっていたり、直接お会いする機会がないような人でも、その人の書いた本を読むことで、その知識を得ることができます。

そして、読書は1次情報であるため、2次、3次的に加工されているニュース記事やネットに落ちている情報よりも信憑性の高い情報が手に入ります。

仕事で、ある分野の新しい知識を手に入れる必要がある場合、ネットで情報収拾するのが一番簡単ですが、おそらく多くの方が、その分野に関する書籍を購入して読書をするのではないでしょうか?

本は知識の外付けハードウェアです。読書を通じて今のあなたに必要な知識をその都度インストールすることができるのです。

読書で”感性が豊かになる”

読書の2つ目の効果は、「感性が豊かになる」ということです。それは、読書を通じて様々な疑似体験をすることができるからです。

そして、読書が映画や漫画などの他のメディア媒体と大きく異なる点は、文字だけで構成される”余白”のある世界観です。

あなたも、大好きな小説が実写化した時に、読書した時のイメージと映画化された映像との印象のギャップに違和感を持った経験があるのではないでしょうか?

読書は、想像する余地が残されている一方、映画や漫画は、視覚化された情報のため、情報が固定化されてしまいます。

”感性を磨く”上では、”余白”を想像で埋める想像力がとても重要になります。映画や漫画ではなく、読書だからこそ、余白を想像力で埋めて、感性を磨くことができるのです。

読書で”自分を見つめ直す”

読書では、第二次世界大戦の悲惨さを体験したり、近未来の世界を楽しむことができます。

甘酸っぱい思春期の恋愛や、自分が将来進もうとしている道(プロスポーツでも職業でも)の一歩先を進んでいる人の体験をあらかじめ知ることができます。

”愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ”という言葉がありますが、読書とは歴史に学ぶことに他なりません。今のあなたの悩みは過去たくさんの人が経験し、そして乗り越えてきたものです。

読書ではその先人の経験をあらかじめ知ることができます。

今の仕事を続けた5年10年後の未来を知りたければ、5年10年先の先輩を見ることでわかります。

それと同じように、自分が新しい選択をしようと考えた場合、その選択の一歩先を歩んでいる人の本を読めば、その選択の未来に何が待っているかをあらかじめ知ることができます。

単に内省をしても、同じ考えをぐるぐると繰り返すだけですが、読書を通じて新しい情報を仕入れることで、新しい視点で自分を見つめ直すことができるのです。

読書初心者おすすめ本12選

ここでは先ほど紹介した、読書の3つの効果「知識」「感性」「内省」別に、読書初心者でも読みやすいおすすめ本を紹介します。

年間100冊以上読む読書会の参加者に聞いたおすすめ本から厳選した12冊ですので、きっと今のあなたが求めている1冊に出会えます。

“知識が身につく”おすすめ本4選

単に”知識”と言っても、その範囲はとても広大で、全ての知識を網羅することはできません。

そこで、ここでは学生から新卒社会人になった時に、多く若手社会人がつまづくテーマに絞って、読書会の参加者に聞いたおすすめ本を4冊ご紹介いたします。

1.世界一やさしい問題解決の授業(ロジカルシンキング)

まず初めに、ロジカルシンキング(理論的思考)の導入書をご紹介いたします。

マッキンゼー出身の書著が問題解決のノウハウをわかり易く解説しています!

分厚くて難しいロジカルシンキングの本は巷にたくさんありますが、そのエッセンスを抽出した良書です。

コンサルティングの仕事に興味がある。今の仕事で抱えている問題を解決する糸口を見つけたい。という方にお勧めです!

2.アイディアのつくり方(イノベーション)

先ほどご紹介したロジカルシンキングがいわゆる左脳思考としたら、この本は右脳思考をわかり易く体系化した1冊です。

アイディアはいわゆる”ひらめき”をもったクリエイティブな一部の特別な人間しか持たない特殊能力だと感じてしまう方も多いのではないかと思います。

しかし、この本を読めば、 アイディアにも体系だった創り方があることが分かります。

ロジカルシンキングで凝り固まった頭をほぐす上でもとても役立つ1冊です。

3.あなたの話はなぜ「通じない」のか(コミュニケーション)

おそらく、多くの人が学生から社会人になって一番初めにぶつかる壁は”コミュニケーション”や”人間関係”ではないでしょうか。

具体的には、上司や先輩への報告・連絡・相談で苦戦する方も多いのではないでしょうか。

かくいう私も、社会人1年目で職場内コミュニケーションに悩み、この本に出会いました。

人間としての自己成長のきっかけになる1冊です。

4.日本の論点(時代のトレンド)

社会人になって、上司から「日経新聞を読め!」と言われて新聞購読を始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、前提知識もないままに日経新聞を読んでも、なかなか出来事の背景や意図を理解することはできませんよね。

日本の論点は、日本のビジネス界の大御所である大前健一氏が毎朝4時に起きて全世界中からかき集めた情報を厳選してまとめた1冊です。

毎年出版される本書を一読すれば、グローバルな目線で、世の中の変化を見て取ることができます。

その目線を持てば、毎日のニュースの背景や意図がおのずと見えてきます。

“感性豊かになる”おすすめ本4選

感性が豊かになるのは、非日常的な体験を通じて自分の枠が広がる時ではないでしょうか?

海外にバックパックで旅行し、異文化に触れる。美術館でアート作品を見る。映画や舞台などを見に行くなど。

ここでは、読書会で紹介された様々な小説の中から初心者にも読みやすく、また一読の価値のある4冊を厳選して紹介いたします。

1.星の王子様

飛行士・小説家であるサン・テグジュペリの代表作です。

子供のころに読んだことはあっても、大人になって再読したと言う方は意外に少ないのではないでしょうか。

星の王子様の物語について、ここであえて説明する必要はないと思います。

私が社会人になって改めて読み直して気づいたことは、子供のころは”星の王子様”目線で読んでいた物語が、大人になって”ぼく”目線の物語になっていたと言う点です。

子供の心を失ってしまった大人にこそ呼んでもらいたい1冊です。

2.日の名残り

2017年にノーベル文学賞を受賞した、カズオ・イシグロの名を世に知らしめた1冊です。英語圏最高の文学賞とされるブッカー賞を受賞した1冊でもあります。

郷愁と哀愁に満ちた喪失感あるれる世界観の描写は見事としか言いようがありません。

誰もが経験をした事のある、過去への後悔と、それに縛られたままどう未来を生きていくのかという問いは国・時代を超えた人間観が描かれています。

3.夜と霧

ヴィクトール・フランクルのナチスの強制収容所経験を綴った1冊です。

写真とともにセンセーショナルな内容が書かれていますが、一人の人間としてぜひ事実として知っていただきたい1冊です。

アンネの日記」と並ぶ、人生に最も影響を与えた1冊として紹介されることも多いロングセラー本です。

単純に第二次世界大戦の悲惨さを伝えるだけではなく、人生の意味を問うきっかけとなる名作です。

4.カラマーゾフの兄弟

「今後、文学界においてドストエフスキーの”カラマーゾフの兄弟”を超える文学は誕生しない!」とまで言わしめた文学界の最高傑作です。

東大教師が新入生に薦める100冊において、毎年1位を獲得してる本でもあります。

その難解さと文字量の多さから、挫折をした人も多いのではないでしょうか。

読書初心者の方にはハードルの高い1冊ですが、ぜひ文学の魅力を知った方にはぜひチャレンジしていただきたい1冊です。

“自分を見つめ直す”おすすめ本4選

知っているようでなかなか知らない自分のこと。

自分の外に目を向けて”自分探し”をするのではなく、自分の内に目を向けて”内省”すると、自分への新しい気づきが見つかるかもしれません。

自己啓発本はたくさん存在しますが、ここでは読書会でよく紹介される、ワークやテスト形式の本を1冊ずつ、そして過去の偉人が私たちに向けた残したメッセージを受け取る2冊の本をご紹介します。

1.明日死ぬかもよ

自己啓発書で有名なひすいこうたろうさんの1冊です。

マハトマ・ガンジーの名言「明日死ぬと思って生きなさい、永遠に生きると思って学びなさい。」を考えるきっかけとなる良書です。

本書の中にはたくさんのワークが入っており、ワークを通じて自分の価値観と向き合うことができます。

私はあまり自己啓発書が好きではないのですが、本書は人に紹介されて読んでみて非常によかったのでここでご紹介します。

2.さあ 才能に目覚めよう

ストレングスファインダーという米国ギャラップ社の開発したオンライン「才能診断」ツールを受講できる1冊です。

就活出よく見られる、単なる強み・弱み診断や適正職業の選択などを目的としたものではなく、”無意識に反復するあなたの思考のクセ”を知ることを目的としています。

”思考のクセ”に良い悪いはなく、自分の特性を受け入れてどう活用していくかを考える土台となるツールです。

診断結果の答えが得られるわけではないので、How toを求めている方にはお勧めできませんが、診断結果をどう活用していくかを自ら考える人には非常に有効な武器となります。

ちなみに私の診断結果は、「収集心」が一番でした。始めはこの結果をとても残念に思いましたが、本やニュースを通じて、世界中の情報を”収集する”ことを自分の武器としたときに、 ストレングスファインダーのすばらしさに気づきました。

3.21世紀に生きる君たちへ

『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『国盗り物語』『坂の上の雲』など名作を残した司馬遼太郎が次世代の子供たちに向けて書いた1冊。

私たち、21世紀を担う若者たちにむけて書かれた遺書ともいうべき作品です。

本書では、”他人の痛みを感じる”自己を持つことが、科学と技術が発達した21世紀において最も人に求められることであり、それは訓練をして身に着けていくものなのだと仰っています。

読書をする意味も、” 他人の痛みを感じる ”感性を磨くことでもあり、それは生まれ持った本能ではないといっている言葉には、感慨深いものがあります。

4.後世への最大遺物

明治27年夏期学校における内村鑑三の講演を収録した1冊。

就活で自己分析をして自分の価値観と向き合ったとき、「自分は何がしたいのだろう?」と思い悩んだ経験は誰もが持っていると思います。

自分は何の為に生きているのか、何を残して死んでいくのかという、人生そのものに悩みを持った人にぜひ読んでもらいたい名作です。

敬虚なるキリスタンである内村鑑三が、後世への遺物として、金、事業、思想の順に重要であると言った理由。

勇ましい高尚なる生涯は誰もが実践できる後世への最大遺物だと言った理由をぜひ本書を読んで確かめてみてください。

その他おすすめ本”○○大全”シリーズ

最後に、最近流行っている「○○大全」シリーズから4つの本をご紹介いたします。

「○○大全」は、ある分野についてまとまった知識が網羅的に書かれているので、、手元に1冊持っておいて辞書のように活用する事ができます。

まずは、広く知識を仕入れ、そこから興味を持った分野について深く掘り下げているための導入書として活用ください!

1.アウトプット大全
2.インプット大全
3.時間術大全

神戸大阪朝活読書会

『読書を、もっとおもしろく。』
NewsPicksなどのソーシャルメディア感度の高い20代、30代が集まり情報交換をしています。
本の学びを結果に変える「アウトプット」とあなたの働き方の「アプデート」
ご興味ある方は下記よりお申込みください。

過去の開催履歴
シェアする
kobebookcafe@gmail.comをフォローする
神戸大阪朝活読書会