神戸大阪朝活読書会 開催レポート20190420

読書会の概要

開催日:2019年4月20日(土)15:45~18:45
参加者:11名

読書会のテーマ案

  1. 死ぬ時に墓標に何を刻みたいか?

  2. 人生について

  3. 令和に私たちは日本国のために何ができるのか?

  4. 人間関係を築く上で気をつけていること(処世術)

  5. 熱中していること、するためのコツ

  6. 欲求(自分が強いもの)

  7. 幸せに生きるためにどうしたら良いか?

  8. 人間の定義

 読書会の内容

人間関係を築く上で気をつけていること(処世術)

  • 人間関係の得意なパターンが確立されてきた
  • 他の人はどんなパターンか?
  • 自分から仲良くなる、話しかけるのが苦手
  • 自分から話しかけて失敗した経験がトラウマになって、相手から来た人と長期的に関係を築くことが強い。
  • そのために相手に興味を持ってもうことが重要。
  • そのために媚びないことで相手に媚びる戦略をとっている
  • 媚びることで相手との関係を築けなかった場合、その場での社会的な死が生まれる
  • 周りが媚びて周りが死んだ時に相対的に評価された後に自分が関係を勝ち取るという戦略

相手を知ってから戦術を変える。

  • 相手の話から相手の価値観を知り、相手の価値観に合う自分を見せることで関係性を築いていく
  • 内向的な人間のため、多くの人と関わるのではなく、選んだ中で関係を築いていく

自分が所属しているコミュニティによって違う顔がある。

  • 小学校の自分、大学の自分、会社の自分
  • それらが合わさるコミュニティだとどのかを押したら良いかがわからない

瞬間的に仲良くなることは得意

  • 反対に継続して関係を紡いでいくことが苦手
  • 繋がった後に繋げていくのに抵抗感がある
  • 一番中良い友達は小学校の友達だが少人数
  • 会ってしまえは良いがLINEなどで関係を続けていくのが難しい
  • その場では楽しみたいと思い、その人と繋がらなくても新しい人と繋がれば良いと思う
  • 表面的な会話が苦手であり、お世辞が出来ない
  • 初対面と会話する時は表面的な会話になりがち

自分から話すのが苦手である

  • 譲歩はするが、うまくいかない状態
  • 初対面から譲歩はしない、合えばコミュニケーションをとるし合わなければ終わりで良いのでは?
  • フラットな場では対等であり、仲良くなりたいと思うが尻込みしてしまう
  • はじめに合う合わないを見極め、この人と仲良くなりたいと思った人と話してみて合うかをどうかみてみる
  • その時に拒絶された時に自分は社会的な死を迎えるのではないかという恐怖
  • コミュニティの中で、〇〇さんが好きということでコミュニティのサポートを作っていく
  • 好きで仲良くなりたいと思ったからこそ嫌われるのではないかと尻込みしてしまう
  • 恋愛で好きな人と仲良くなりたいと思った場合、戦略的に考えて仲良くなる方法を考える
  • 本当に仲良くなりたいと思ってしまうと表面的な話しかできず、深い話ができない

女子のコミュニティの死は村社会からの追放

  • 仲良くしたいではなく、仲良くしなければならないという脅迫
  • このコミュニティに居たいから仲良くしなければならないという思いがある
  • 短期戦が得意だが長期戦が苦手
  • LINE を自分から送ることは少なく、顔見知りは増えても友達は増えない
  • 表面的だと敵は増えないが仲間が増えない
  • インフルエンザで寝込んだ時に看病をしてくれる人が居なかったのが寂しい

誕生日のお祝いメッセージを送るか送らないか

  • どの範囲に送るか?
  • 気に入られたい相手にメッセージを送るか送らないか
  • 送ろうと感じる時に手が止まり遅れない
  • 自分が関係性が薄い相手から誕生日メッセージを送る相手を「媚びている」と感じるから、自分が相手にメッセージを送ると相手に「媚びている」と思われるのでは無いかと思ってしまう。
  • なんで連絡をしたのかという意図を感じてしまう

媚びていない;誰にでも同じアプローチ

媚びている;自分個人に対するアプローチ

  • 例えば、化粧品の体験会で誰に対しても「綺麗ですね」というのは媚びていないが誰に対しても行っているなと感じる
  • 深い関係の定義は何か?
  • 付き合った時間の長さ?密度?開示した情報の深さ?
  • 共有したと思えるお互いの認知?
  • 辛い時に助けてと言える関係が深い?
  • それを言っても許されるという関係性が深い関係?
  • 出来ない事を言えない事は自己開示ができてない。
  • その場合、困った時に助けてもらえない。
  • 「武士は食わねど高楊枝」という家訓の場合、家族以外の深い関係が築けない

熱中しているコツ

  • 熱中しているものはあるが、それになぜ熱中しているかが言語化出来ない
  • 他の色々な雑ごとに影響されず余計な事を考えていない状態が嬉しい
  • 将棋や本を読んでいる状態は余計な事を考えないマインドフルネスの状態
  • その状態に入っている時は良いが、自分が望んだ時に常にその状態でありたい。
  • 面白くてハマっているのであって、熱中しようと思って意識的にハマっているわけでは無い
  • 大学の時に部紙を書く必要があり、それに没頭して朝まで書いていたけいけんがある
  • 物を作る時に没頭する。イラストレイターとして絵を描いた時に2日間飲まず食わずでいた。
  • 知識欲で、「そういう事だったのか!」という気づきを得た時
  • 仕事で使う専門機器の取扱説明書を読んでその仕組みを理解する時
  • 好きな女性とどう仲良くなるかを考えている状態。
  • 自分で決めた事を主体的に動いて達成する状態
  • 音楽を聴いている状態。何か作業を始める時に音楽がファクターになる
  • クロノ・トリガーの風の情景をエンドレスで聴いているのが楽しい。郷愁に浸るファクターになる
  • ファッションが好きで好きなブランドのパリコレモデルの服を眺めて撫でるのが楽しい
  • スポーツやカラオケで歌を歌う状態
  • 何かを作って徐々に形になっていくのが楽しい
  • 夢を見てそれを朝覚えていた時にそれを思い出した時がとても嬉しい
  • ウォーキングをしている時に考えに耽るのが楽しい
  • ジグソーパズルの難しいのを説いてる時は5日間寝ずに、トイレと食事以外熱中していた
  • 何かに熱中していて寝食を忘れてしまう状態になった事が皆も持っていて安心した
  • 何かを作っている時はもっと作りたいもっと作りたいという思いで2日間まるまる没頭していた
  • 作る制作物が完成した。世に出せると自分で納得出来る状態になるまで取り組む
  • 早く完成したい。早く完成形が見たいという状態

頭の中のイメージを物理的に作り上げる

  • もともと自分の頭の中に完成物があり、それを物理的に作りたい。それを見たい
  • こうあった方が良いという状態(人との関係性)があり、その形に近づけていくのは楽しい。それは完成形を自分の頭の中に探している状態。
  • 自分の頭の中で完成形が見えてしまえば、それを実際に作る事をやめてしまう
  • 仕事などで完成形を作る時は完成形を考えている状態が楽しくて、完成が見えてしまったら楽しみがなくなる
  • ジェネラリストは完成形が見えたら次に移りたい。
  • スペシャリストは完成形を見たらそれを作り上げて掘り下げていきたい。
  • 完成をしたい人はそれを人に見てもらって承認欲求を満たしたい?
  • 完成に興味ない人は他人の評価が興味なく自分で満足したい?