神戸大阪朝活読書会 開催レポート20190404

読書会の概要

開催日:2019年4月4日(木)19:30~22:00
参加者:6名

読書会のテーマ案

  1. 最近あった楽しいこと

     

  2. 自己肯定感、誰かに無条件の愛を受けたか?

     

  3. 人生の選択をどのような基準で選んでいるか?

     

  4. 周りから見られている自分と、自分が思っている自分とのGAP

     

  5. やりたいことと求められている事

     

  6. 自分の殻を破った経験(必要になれば仕事で海外で英語が話せた)

     

  7. 上記テーマに関するコンテンツ(本や映画)

 読書会の内容

最近あった楽しいこと

  • ベンチプレスで85kg上げられた
  • 学生時代の全盛期でも80kgだった。成長を続けている

 

  • ワクワクすることのマインドマプ
  • 家族、友人関係などをどの様に充実していくか。その自己実現をしていくことがワクワクする

 

  • マーベルの映画を全20作品以上をコンプリート
  • みんなで何かをする。ワイワイするのが好き
  • スターウォーズの「ローグワン」の最後の3分に感動した

 

  • 幼少の頃からの病気で20代なのに小児整形外科に行った
  • 待合室での違和感、問診票、看護師さん(お子さん?お父さん?)と呼ばれた時の面白さ

 

  • シンガポールに行った
  • 神戸の読書会
  • 吉野家のおかわり自由(神戸三宮)

 

  • やりたいと思ったことができる状態が楽しい
  • 人と会って話す。新しい人と会うことが楽しい

 

  • 平日にディズニーランドに行けたこと
  • 幼少期に行ったきり。ミッキーに泣かされていた

会社の上司先輩が楽しみがないという現実

  • 家に帰って子供がいるだけで季節のイベント(クリスマス、節分)は全て楽しい
  • 「楽しくない」という言葉を日常的に使っていると本当に楽しくない人生になる
  • 「楽しい」と日常的に行っていたら楽しい人生になる
  • 「楽しかった」という経験を具体的に思い出すことが重要

観察、俯瞰、抽象が上手い人は日常の些細なエピソードを覚えている

  • モブサイコ~、バカボンドが農業するのと同じ
  • アオハライド(少女漫画)人間関係を今見ると面白い
  • メンズナックルのギャル男のセリフみたいな漫画

人生の選択の基準

  • 楽しいことを選択していく
  • 自分が選択するときは周りの人がどう思うか。一番幸福な人が増える選択肢を選ぶ。そのために自分が不幸になっても良い。
  • キツイと思う方を選ぶ
  • ルールや仕組みを理解することが早い。
  • 人が5回で学ぶことを1回で理解できてしまうから飽きる。だから厳しい道を選ぶ。
  • ゴルフは本当に難しい。1日の時間をかけ、準備をし、一見めんどくさそうだけどやっている人が多い。なぜ?奥深いから?
  • 何もせずぼーっとしていることが一番難しい
  • 単純に楽しいだけでなく、その先に成長があるもの
  • 先に想いを馳せている状態が一番楽しい。先々考えて選ぶことは選択の基準
  • 皆選択の基準は「楽しい」。楽しいというのは具体的になんなのか。それが人によって違う

得たい結果があり、それを選択する。その得たい結果とは?

  • 周りをハッピーにしたいけど、自己犠牲まではいけない
  • 現在進行形で考えている
  • この読書会に参加する前、3年前までは楽な道を選択していた
  • くさいものに蓋をして、意思決定を先延ばしにしてきた
  • その結果プラスになったものは無く、今やっていることがプラスになる事を選ぶ
  • 例えば本を読む

 

  • ルート営業ではなく新規営業が楽しい
  • このルートはダメなんじゃないかと思ったものは選ばない。浪費ではく投資
  • 料理をすることは?料理をする時間を別のものに使う事はグレーゾーン?
  • 安全である、それなりに難しい(難しいと成長できる。人に評価される)、ただし負けず嫌いなので自分が勝てる範囲で
  • 人に言われるのは嫌、登山など命に関わる事は嫌
  • 自分のやりたいことがあり、それに役立つかどうか
  • 料理とかはそれに役立たないからもうやらないと決断した
  • 友達との付き合いもそう
  • やりたい事は「自分の価値を知りたい」
  • 社会に役立つことを実践する
  • マーベルの映画も全て自分の目標達成につながる
  • 自分の独立した事業がある。事業は1人ではできない。人脈が必要。この人と働きたいなと思ってもらいたい
  • 寝る時間を削ってマーベルを見てくれる。
  • この人スゲーと思ってくれる。
  • なんで?と思ってくれる。

絶対的な信仰を持つ人は強い?中庸の方が良い?

  • 絶対的な信仰がある人はすごい?でもそれが揺らいだらアイデンティティが崩壊するのでは?
  • 例えば、本当の親だと思っていたけど実はそうでは無かったとい状況
  • マザーテレサは晩年に「自分には神が見えない」という発言をしていた
  • 疑心暗鬼になりなが、圧倒的な確信がない中で信仰心を維持できることはむしろ絶対的な信仰がある人よりもすごいのでは?
  • 親の期待に応えたい。理系の方が頭がいいと言われたから理系に進んだ。
  • 反抗期がない子供は自分軸がない。
  • 自分が親の価値観を拒否して自分の価値観を勝ち取る時期。

自分がやりたいことが無い状態。

  • でも筋トレはやれた
  • 漠然とした不安が昔からあった。強くなければならないという想いがある。
  • 北斗の拳の世界がやってくるかもしれない。それに備えたい。起こりえないことまで想像したい
  • 無人島に1人で残されたらどうしようと今でも考えてしまう。火を1人で起こせないとと思ってしまう
  • 自分1人で生きていないという状態に対する違和感
  • 家族が出来た時に家族が守らないとと思ってしまう。今の自分で守れないとと思ってしまう。
  • 生き残ることが一番大事
  • 己という基準を持つことが人生の判断基準
  • 強くなること。物理的にも精神的にも知識的にも。
  • 絶対に役に立たないシミュレーションをしてしまう
  • マイナスをいかに脱却するか
  • シミュレーションしているけど実際に備えているわけではない
  • 自然に考えてしまう

圧倒的な悲観的な想定

  • それに対策するために自己成長していく
  • 女性の方が楽観的な人が多い
  • 女性は産む性なので自分の中に宇宙を持っている
  • 男性は自分の外に世界を持たないといけないので疲弊し自殺する

人生をどう捉えるか

  • 明日死ぬかもしれない。昨日の自分と今日の自分が同一人物かという疑問
  • 人生の選択を持っていない。今までも選択を選べていたという感覚はなく、手持ちのカードから選んでいた
  • 直感的に判断している。言語化できていない最も論理的な判断
  • 本能的な計算で選んでいる
  • 他人といるときは全体の利益を鑑みる方が結果的に自分の利益になる
  • その直感が何かを問うことが重要
  • 打算的、快不快、金銭よりも感情が優先
  • 幸福感を得たいので金銭を払う
  • 日本に生まれたので飢えて死ぬ事はない。であるならば幸福感の追求
  • 個人の追求ではなく全体の向上を目ざす時代になったと感じる
  • 自分が面白いと思っている情報をお互いが補完し合う事で人類全体が良くなっていく
  • 他人の喜びを自分の喜びに出来るのが理想的
  • ただし現時点での最も幸福得られるのはやりたいと思った時にそれを実現できる状態
  • 寝たい時に寝て、食べたい時に食べる
  • 精神的に与えてあげる事はできる
  • 自分がやりたい事と周りの幸せとのギャップがある時は
  • 独裁者を殺す事で民衆が幸せになるとい状態なら自分は独裁者を殺せるか?
  • 自分が会社をクビになると会社の利益になる。その場合は?
  • 自分には守るものがある為、家族によって一番特になることを選択する
  • プライオリティは周り人ではなく家族
  • その優先順位があることが自分をがんじがらめにしてしまうことがある
  • それをなくした状態「悟り」の人もいる

フェアネス精神を犯す事は出来ない

  • 人を殺す事はその人の宇宙を消す事
  • その倫理観を犯す事は出来ない
  • 子供が見て恥ずかしくない大人として
  • 正しい倫理観というものを持ち、子供達が損することを心苦しくなる
  • 自己肯定感はどこからくるのか
  • 長女一人娘のため溺愛されていた
  • 甘やかされて来た人が自己肯定感が強い
  • 親が占める割合はどれくらい。無意識レベル
  • 自己解釈がすごくねじ曲がっていて肯定する
  • 家族以外をパーソナルに含めれる人と含めれない人がる
  • 自己肯定感は周りの人達に支えられている
  • 自分の子供も周りの子供もフラット、だから自分の家族もそれ以外も境界線がない

読書会の感想

  • 自分の解約を肯定的にしていく
  • 圧倒的な自己肯定感を持っている人が怖い
  • 抽象的なことを考える時は条件設定して考えると自分のことがわかる
  • 条件のない愛、受容をされていることが良い
  • 無駄なことを考えていることが自分だけではなく他人もいるんだということを知ることが肯定感につながる
  • 自分の価値観を発信、相手の価値観を聞くことで気づきになる
  • 人のいろいろな考えを知り、人の個性を知り自分の個性が見つかる

神戸大阪朝活読書会

『読書を、もっとおもしろく。』
NewsPicksなどのソーシャルメディア感度の高い20代、30代が集まり情報交換をしています。
本の学びを結果に変える「アウトプット」とあなたの働き方の「アプデート」
ご興味ある方は下記よりお申込みください。

過去の開催履歴
シェアする
kobebookcafe@gmail.comをフォローする
神戸大阪朝活読書会