神戸大阪朝活読書会 開催レポート20190328

読書会の概要

開催日:2019年3月28日(木)19:30~22:00
参加者:7名

読書会のテーマ案

  1. 昭和のロールモデルをどう壊すか 

  2. 継続の秘訣

  3. ホリエモンと前田祐二の対談「雑魚キャラほど難しいことをやりたがる」

  4. 100年ライフの友人関係、人脈

  5. 皆さんの結婚観をシェア

 読書会の内容

ホリエモンと前田裕二の対談「雑魚キャラほど難しいことをやりたがる」

  • 自分のことをわかっていないので身に合わないことをやってしまう

  • 小学3年生が卓球素人だったけどやり続けたから全国大会に出場した

  • コロコロと新しいことを変えていくと雑魚キャラのまま

  • 継続する事で雑魚キャラが強くなっていく

  • 雑魚キャラになりたくないがために現状の領域にとどまると業界と共に死ぬ可能性はある

  • アップルが3月26日の製品発表でクレジットカードを刷新した。

  • 業界外だからこそ、常識にとらわれない取り組みが出来る

ショールームで売れないギタリストからの相談

  • 当たり前のことを飛ばす
  • 基礎を鍛えていくからチャンスがくる

  • 本を出版する時も書店に営業するのが当たり前

  • それをせずにチャンスを逃す人は多い

  • 基礎こそ大切だが煩わしと思ってしまう

  • 周りが優秀だと背伸びしたくなる

  • 劣等感を感じるので

  • ゴールに近い人も基礎を大切にしていることを腹落ちしている人は基礎をおろそかにしない

基礎の重要性を知っているけど理解していないからできない

  • イチローのすごい側面だけを見て

  • イチローの努力を見ていない

  • 自分も積み重ねればイチローになれるということを知っている人は基礎を徹底する

  • その先にイチローみたいになれることを知っているから

  • 合理的風に考えてしまうと、積み重ねではなく一足飛びに出来る抜け道があるのではと感じてしまう

  • 抜け道を使ってしまうとそれなしではいられなくなる

  • クリステンセンのイノベーションオブライフの話「不正はヒヤリハット。一度手を出すとやめられなくなる」

  • ビートたけしの映画 キッズリターン「ボクシングの減量で不正をするとやめられなくなる」

  • テストステロン先生 筋トレは計画が一番重要。

  • 3ヶ月の計画を立てそれを振り返ることでズレを無くす

  • 経験者にメンターについてもらう

寝坊する若手社員

  • 寝坊したらまずいという思いがない

  • 周りが怒らない。そのキャラを周りが許してしまうからそれで良いと思ってしまう

  • キツく言ってくれる人がいるから保たれる側面もある

継続の秘訣

  • 雑魚キャラにならない為には基礎の継続が重要

  • 会社の補助でweb英会話ができる

  • 毎日やろうと思っているけど出来ていない

  • 今やろうと思っても気分が乗らなかったらやらない

  • 強制的にやる状態にしてしまえば自動的にやる

  • 痛みを伴うからやる

  • あらかじめお金を振り込むからやる。そうしたらやらざるを得ない環境になる

  • 英会話にあらかじめお金を払ったけどお金の価値を、減価償却してしまったので閾値を下回ってしまい挫折

  • やりたいことは勝手にやる

  • やらなきゃいけないと思っているものは継続しない

  • その先に何があるかというゴールが見えているか。

  • 筋トレした先に理想のボディが手に入る

  • 英会話の先にブロンド美人と付き合っている未来があれば取り組む

  • 海外での商談を決めてしまう。将来損失が発生する状況にしてしまう。

  • ほっといてしまったらマイナスになるという状況ならばやらざるを得ない

  • 代替する要素があるとそちらに流れてしまう

メリットデメリットを感じて選択するのではなく、やりたいからやる

  • 将来就活で使えるから英語を学ぶ

  • 転職するのに役立つかプログラミング学ぼう

  • これらは人の意見であり、自ら良いと思っているわけでない

  • ブロンド美人と話したいという自発的な動機があれば英語を死ぬ気で学ぶ

仕組み化して楽をする

  • 日報をすでに行なっているタスク管理にしてルーチンの中に入れる

  • そうすれば新たに始めるハードルは下がるので、モチベーションなく続けられる

  • 3分間スピーチを1年目で毎日やっていた、仕事の気づきを常に日報に記載しているから、ネタをストックできている

  • 筋トレのきつい時に最後の1回ができるのは、理想の体というポジティブな未来の実現があるからできる

  • 数字で目に見える満足感?フルマラソンを走りきるというそれを達成したという達成感?

  • マラソンを始めた時にフルマラソンを走るというゴールを決めた時に継続と楽しみが生まれた

  • 楽しい思いがなくなった時に継続するのは数値での実績があるから

  • さらに上を目指さなくても体重を維持するようなアラート機能が数字にはある

100点を目指せない

  • 80点で満足してしまう

  • ゴールに近づくとモチベーションが下がる

  • それは至極真っ当な話

  • 年収300万円の人が1000万円を目指す

  • 年収800万円になるとゴールん近づくとエネルギーが弱くなる

  • あらたなゴールを設定する。

  • それを同じベクトルで年収2000万円に設定しても良いが、結婚するなど別の軸で目標を再設定するのも良い

  • 地域の司法書士会の代表を務め、自分の80点を達成してしまった

  • 諦めではなく飽きた

  • 新しくやりたいことを見つけるのも難しい

  • 今までは良いタイミングで新しい興味があることが見つかった

  • しかし今は、新しいものが見つかっていない

  • 橘玲さんの「幸福の資本論」で、やりたいことがないならばまずは金融資産を充実させていく。見つかったら人的資産や社会資産にシフトする

LINEの広告「もう平成が終わるのに昭和の働き方」

  • 真実は一つ?

  • 自分にとっての真実を持って世の中に立つことは大事

  • しかし、世の中にはさまざまな真実があるから人の意見に惑わされないように

昭和のロールモデル

  • 縦割り。海外は業界単位で動くが、日本は企業単位でバラバラ

  • 価値観の交流が少ない

  • 日産をカルロスゴーンが再生した時も部署の確執(学閥)を解消した

  • 会社の人間は名刺の肩書きで人物を判断していた

  • 定年を迎えると肩書きのない一個人になる

  • 結婚しても働きたいと思っている

  • 結婚相手を選ぶ基準は重要。若者は人口減なので選択肢が減少している

  • 相手選びどうしたいか?条件で選んでしまうのはどう?

  • 本当は専業主婦になってもらいたいけど外部要因を踏まえて妥協する?

結婚観のシェア

  • これがあるから好き。とかではなく無条件で好きな相手と結婚したい

  • 愛は無条件

  • どういう心境で結婚したか。結婚後の変化

  • 感覚が合う人と結婚した

  • 好みかどうか。結婚してずっと一緒にいて楽か

  • 100年ライフで一番融通がきかないのは子供を産むかどうか

  • 後で欲しいと思ってももう産めない

  • 情熱的な恋愛は一時的なもの。気があうのは継続する。

  • 感覚が近いのでコミュニケーションロスが少ない。ストレスが少ない

  • 合わないところは擦り合わせていく。考えを対話していく

  • 話し合いができるから落とし所が見つかる

  • 自立しているわけではないが共依存しているわけでもない

  • お互い強い人間ではないので共に立つという状態。擦り合わせが出来ることが重要

  • 好きなものが一緒でなくても結婚するなら嫌いなものが一緒な人が良い

  • 食べ物、行動倫理、綺麗好き感

  • 好きなものが違う時は新しく興味を持てるが、嫌いなものは融通きかない

  • 35歳までに子供を産みたい

  • その時に旦那の年齢がいくつかを考えると、相手の年齢も限られる

  • 何歳までに結婚すると決めるから具体的な行動出来る

  • 「いい男紹介して」という漠然でなく「○○な男性いたら紹介」と言えば相手もイメージしやすい

  • 友人との関わり方は変化する?

  • 単純に寿命が伸びると出会う数は増えるが付き合う親密な数は同じ?30人程度

  • 人口の変動とも無関係

 100年ライフだからこその人間関係の変化はある?

  •  人生のフェーズでテーマが変わる

  •  就職する、子供が生まれるなどのイベントで付き合う人が変わる

  •  であれば60歳以降の時間が長いなら年金と健康と孫の話ができる友人関係の期間が長い?重要になる?

  •  どんな友人関係なら長く付き合える?