神戸大阪朝活読書会 開催レポート20190323

読書会の概要

開催日:2019年3月23日(土)9:30~12:00
参加者:10名

読書会のテーマ案

  1. 夢挑戦
  2. 今の仕事を一生続けるイメージがない
  3. 個人中心の社会での国の役割
  4. やりたいこと?出来ること?を仕事に
  5. 今の仕事をどう選んだ?
  6. キャリアと非合理な選択
  7. 何を仕事にしたら良いか?

 読書会の内容

今の仕事を選んだ理由

  • 教育が面白い。
  • 非合理な選択をすること。
  • 全国転勤で知らない土地に行くのも面白い
  • 目標があるがどう到達するか
  • 軸をぶらさずにプロセスをどう選ぶか

非合理な選択とは?

学生時代の海外留学は卒業という観点では最短ではない

  • イチローの会見、想像できる最短のキャリアを選んでも人間的な面白みはない
  • それが人間の深みになる

学生時代に障害児保育をしていた

  • 司法書士で障害者支援を実施
  • 直接関わるのではなく間接的関わりが良いと判断
  • 最初は良かった、描いた理想に近づいていると感じたが、既存のあり方では解決できなかった
  • ロールモデルがなく困惑した
  • 仕事の手応えがない
  • お客のベクトル道筋を示してあげることができていない
  • 借金など人生の失敗をした人に自分が関わったことで上向きに変えるきっかけにしたいと思っているが、関わってもベクトルが変わったという実感がわかない

IT中小企業と大学講師のダブルワーク

  • これがしたいと思ったのではなく依頼を受けたものをする
  • やりたいことが具体的になく、モチベーションがなく。求められていることを選択している
  • 人と関わり話せることで満足している
  • 防災などの社会的価値を発揮する研究ができているから満足している
  • 医者の道は高校2年で選んだ

人を助けたいという思いがあり、医療は一番わかりやすい

  • 人助けが良い人生になる
  • 人生の目的は海外で医療をすること
  • 故郷なき医師団で良いが、それ以外の非合理な選択は?
  • 脇道に逸れるから観れる世界がある
  • 会社にいれば、上司先輩を見れば自分の未来が見える

もともと4年アフェリエイトやっていた

  • 親の貿易会社で新規事業で社員になった
  • お金にならないことをしたくない
  • アフェリエイトで広告収入ではなく友人がSEOで助かったというリアルな声がお金を稼ぐことより嬉しい

なんのために仕事をしているか

お金を稼ぐことは資本主義だから必要

  • 出来ることでマネタイズする?
  • 与えられたことをするのが嫌、自発的にするのが嬉しい
  • 自分で仕事をしてもやりたくないこともあるがそれはどう捉えるか
  • 自分が選択しているという観点があるから良しとしている

自分で好きで公務員になった

  • 親は公務員を嫌っていた
  • 社会を作っていく立場にいたい
  • 鳥取へ出向、企画の仕事、6次産業

好きな事が出来ている状態なら良いが、やりたくない部署に移動したら?

  • 色々な部署を経験するから広い視野で観れる

MRを選んだ理由。もともと環境庁に入りたかった

  • 環境庁の面接練習でMR受けたら内定して条件よかったから選んだ
  • 失敗したくないから選択する。やりたいことがあるから選択する。
  • 今の仕事は楽しくない。社長になって組織を動かすのなら楽しかも
  • サラリーマン社長とオーナーは根本的に違う

製薬メーカーで品質管理をしている。実家から近い

  • 学生時代のスキルは活かせている。しかし向いていない?
  • 自分は何をしたいのか?
  • イチローの引退会見
  • 野球でなくても良いから好きなものを見つけてください
  • 野球人生プロ1年目からデビューするまでは楽しかった。
  • メジャーになってからは厳しかった。しかし僕ほど野球が好きな人は少ない
  • 我慢するのが苦手。好きだから仕事を続けられた
  • 好きなものが業種やスキルではなく、人からの感謝であれば、出来ることで満足できる
  • しかし他者依存になってしまうことが怖い

長期的に見たときに、仕事が合わなくなったときにどう自分を変えるか。変えたいか

  • 主体的に何を準備すれば良いか?
  • これは永続しないという前提で考えると、変身資産の拠り所は?
  • 生きていくための知識は5年後何が起きるかを知ること
  • その未来の能力ができるスキルを持てば個人の働き方

変身資産を持つことは永続性が無いからと考えている

  • 生活するためのお金があればその課題は解決する?
  • 日本であれば食っていくことはできる。
  • どんな焼け野原であってもペンと紙さえあれば立ち直れる。
  • 究極の稼ぐ力とは、どんな状態になっても立ち直れる状態になっていれば良い。
  • こけた時の立ち直る力、再生力はスキルではなく考え方
  • 例えば医師がいらない世界になったとしても、医師というスキルは活用できないが

医師免許を取得したプロセスは再現できる

  • 主体的に自分で考えて何かに向かっている状態であれば不安はない
  • 10年後、20年後の世界は予測できる。ビルゲイツはMicrosoft設立時期からスマートフォンを予測していた

夢、挑戦

公務員やりながら副業

  • アクティブシニアに向けて健康の話

キングコング西野の講演会を開催

  • 人に熱い想いを伝えるのが良いと思ったが違った
  • 好きかなと思う事を手当たり次第にやっていく
  • 一件非合理に見えても自分の中では非合理ではない

医師免許ではなく医師としてのスキルがあれば医師免許がなくても途上国で個別に国から認可を受けることが出来る

学校の先生になりたい

  • 人生を振りかえったら小学校1年生の先生の影響が大きかった
  • 学生を振り返ると、バスケ、サッカーと転々としていて何もキャリアを積んでこなかった
  • という思いもある。しかし、多様な経験を積んだことが価値になると思う。
  • やりたいことが無くても、一生付き合っていける仲間がいれば良い
  • 自分が学んだ事を社会に還元できるのが教職の仕事だと思う。

やりたいことがない

  • 集団に馴染めない。女子校だったから尚更
  • コミュ力に悩んで病んだ。学校の勉強は出来た。学校行かなくて大学に進学した。
  • 社会に馴染めない人を救いたい?
  • まずは自分を救う

参加者の感想

  • イチローの話が印象的
  • 主体性を持ってやりたいことに向かっていく。今やっていることがやりたい事になる。
  • 悩んでた事があったが色々な人と交流できて整理できた
  • 人生の時間として意識的に考える時間を設けるという意味で読書会は良かった
  • 人に教えることが好きだったから教師に憧れる時もある。
  • アフィリエイトをやっていた時は人と会いたくない。喋りたくないという思いがあった
  • が、人の話を聞くということが好きなんだと気づいた。人生が変わった。
  • 普段は、弁護士とか司法書士としか合わない。業界特有の思い込みの中で生きていたという気づき。
  • 美学が良かったと思ったのは、非合理の重要性。非合理的な事が人間的なものであり、その人の価値になると感じた。

神戸大阪朝活読書会

『読書を、もっとおもしろく。』
NewsPicksなどのソーシャルメディア感度の高い20代、30代が集まり情報交換をしています。
本の学びを結果に変える「アウトプット」とあなたの働き方の「アプデート」
ご興味ある方は下記よりお申込みください。

過去の開催履歴
シェアする
kobebookcafe@gmail.comをフォローする
神戸大阪朝活読書会